読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滝沢演舞場 

滝沢歌舞伎 10th anniversary

人生で2度目となる歌舞伎と名が付くものに行ってきました。
一回目は高校生の時の芸術鑑賞会で見に行った高校生用の歌舞伎。

そして今回滝沢歌舞伎。
歌舞伎というよりショーでした。

歌舞伎の演目もきちんと使われておりすごく楽しめる舞台でした。


今回すごく楽しみにしていたのは限定のお弁当。
和風と和様風の2種類。
妹と一緒に行ったので2種で食べ比べしました。

どちらも美味しかったです。
記念になるような日付入りのカードみたいのも入っていて特別感。


初めて歌舞伎に触れる人にも分かるような解説があり
さすがタッキー!!!と言わせるような飽きさせない演出が盛りだくさん。

白塗りになるメイクさえ舞台上で行う粋な計らい。
その間チャチャをひたすら行うJrくん達。。
この10年を振り返るVTRと説明中ひたすら何かやってました・・w
アホな山亮大爆発!かわいすぎます。(同い年なんだけどね・・。)


腹筋を行いながら太鼓を叩くシーンのツボはなんといっても深澤辰哉くん。
苦しそうにもう天井をひたすら見つめてました。
ツボでした。


snow manと薮君が挑戦したローラースケートも当初聞いた話よりたいぶマシにはなってきているのかな・・?
佐久間大介くんがターンが出来るようになってました(;_:)!
でもところどころ生まれたての小鹿のようでかわいすぎました!!
薮君もあまりできないらしくみんながわたわたしている様子はほんとに可愛くて笑えて楽しかったです。
あーーこの部分だけエンドレスでみたいくらいです・・・♥
曲の印象が変わってしまう・・ww


鼠小僧では舞台上部から降りてくる様子や手紙を読んでもらうとこまでほんとにおもしろくて…。
めがね(老眼鏡)をかけないと見えないとかそんな正直アクシデントさえプラスに変えていく滝沢座長の心意気さえ感じました。
小判の演出はほんとに大量の小判!私も幕間に拾わさせて頂きました。
大切な思い出になりそうです。


幕間でさくらもなかアイスを食べました。
ロビーをふらふらしてたらみんなそのアイスを食べててどうしても食べたくなって購入♪
さくらもちのようなアイスでとってもおいしかったです。


最後…。
2幕のフィナーレは義経

最大の見せ場になっていると思います。
はっとしたりしているうちにあっという間に終わってしまいました。

 

この舞台を通してですけど
他人を信用してないとできない技が多くあり
下手したら大けがをしてしまうような演出もあり・・
不安がある中、仲間を信用し体を預けているところさえ素敵なカンパニーだと思いました。


もっと早くから行っておけばよかった。
もっとたくさん行きたい!!と思う素晴らしい公演でした。


まだまだはじまったばかり。。
怪我なく千秋楽を迎えられることを祈っております。